女性限定&講師は現役ナースのメディカルアロマスクール

アロマトリートメントでがん患者さまの背中から伝わってくるもの

緩和ケア病棟で、アロマトリートメントを行ったときのことです。

その患者さまは、「背中や肩がこるのよ」
ということで、背中のアロマトリートメントを行いました。

病気のせいもあって、骨がゴツゴツ当たるほど瘦せておられる。
アロマトリートメントは強く揉むものではなく、やさしいタッチで関わっていきます。

ふんわりと触れていても、骨ばった背中に私の手はうまく密着しない。

この方は、「昔からこる方なの」と多くは語られない。
きっとまじめな方で、医療者に対しても無茶を言わなさそうな穏やかな方。

一週間前にお会いした時より、「管」が増えてるから
病状は進行して、症状が強まってるんだと思う。

15

背中をゆっくり丁寧に、トリートメント。

トリートメントの途中に
「気持ちがいい。眠くなってくる~」と
うれしそうに言われる。

多くは語られないけれど、背中に触れていると
静かに頑張っておられるのが、ひしひしと伝わってくる。

つらい想いがあっても、あまり表出されないのかな?
とも感じたけれど、頑張ってる思いは私の手に届いてくる。

私のアロマトリートメントが、この方にとって少しでも

気持ちの緩む時間でありますように。

少しでも、何かの力になれますように。

つらい中でも、心地いい時間でありますように。

残された時間の中で、いい時間でありますように。

そんな思いで、アロマトリートメントで関わっています。

そしてアロマトリートメントが終わって、
パッと明るい顔で
「背中が軽くなったゎ」と。

20160409_034825000_ios

この表情が変わる時も、セラピストとして
嬉しい瞬間です。

コメントはまだありません。

コメントを残す

中国新聞に掲載されました

ブログをメールで受け取れます

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

よもぎ蒸し・アロマトリートメントはこちらから

過去の記事

スマホでご覧になる方