女性限定&講師は現役ナースのメディカルアロマスクール

乳がん闘病とメディカルアロマ

乳がんで闘病している、小林麻央さんのことが話題になっています。

在宅医療、在宅緩和ケアで看護師として働く私は、癌の方に関わる機会が多いです。

 

中でも小林麻央さんのように、お若くて、子どもさんがいらっしゃる方に関わらせていただくと、複雑な想いになります。

 

私も子どもを持つ一人の親。

病状や治療のつらさも大変なものだと思うけれど、

お子さんを思う気持ちや家族への想いは、計り知れないものだと思うのです。

 

4fb386ed27dd955a31210638519f76d5_m

 

私が病気を治すことはできないけど、その想いに少しでも寄り添えたらと思って看護をしています。

患者様の想いや希望に寄り添う医療をしている、職場であるクリニック。

その中で、アロマが寄り添える看護の一つとしてあります。

9710ccb64d3f227e7acf30f7fb466aaf_l

アロマトリートメント中、たわいもない話をしながらも、

残された家族を心配するお言葉があったり。

癌という病気になってしまって。。。という無念さを話されたり。

 

ここちよい香りでアロマトリートメントをしながら患者様と時を過ごすと、

ふっと心の中にあるものが、表出される時があるようです。

アロマというツールを通してお話を伺いながら、

想いに寄り添えてたらと思っています。

 

つらい想いの軽減に、ひとかけだけでもお役に立てたらなと思うのです。

 

そんな看護師でありたいし、アロマを看護に役立てたいと思うのです。

 

 

 

看護にアロマを取り入れたい!そんな思いが中国新聞に掲載されてます。

よかったら見てください。

http://aromapastel-love.com/newspaper/

 

コメントはまだありません。

コメントを残す

中国新聞に掲載されました

ブログをメールで受け取れます

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

よもぎ蒸し・アロマトリートメントはこちらから

過去の記事

スマホでご覧になる方