女性限定&講師は現役ナースのメディカルアロマスクール

乳がん闘病とアロマ 看護師としての想い

今、乳がんの闘病している小林麻央さんのことが、話題になっています。

少し前には、北斗晶さんが話題になりました。

そんな中、看護師として、アロマセラピストとしての想いを綴ってみました。

 

c54c4ef8661b704327ed05893b18cece_l

私は、在宅医療、在宅緩和ケアを専門に行っているクリニックで、

看護師としても働いています。

その中で、癌や終末期の方を在宅看取りを含めて関わることが多いです。

 

乳がんだけではなく、そのほかの癌や終末期の方がおられます。

癌はいろいろな所にできるし、転移によって痛みをはじめとして苦痛が多くあります。

心の痛みもあります。

 

私はクリニックで、アロマセラピストとして患者様と関わることがあります。

 

その中で女性の癌患者様に、アロマトリートメントを看護ケアとして関わることがありました。

癌の末期で痛みや吐き気で苦痛があるけれど、苦痛はあまり言われず頑張っておられた方。

その方はアロマトリートメントをしている時、途中からすやすやと眠られました。

このゆっくり休まれている時、苦痛から解放されてるんじゃないかな、

解放されててほしいなと、想いながら関わっていました。

そして、心地よさも感じてもらえたらと思っていたのです。

 

この方から、「気持ちよかった♡元気な時でもアロマトリートメントをしてもらったことがなかったから、してもらってよかった。ありがとう」

というお言葉を頂きました。

 

薬を使って痛みや苦痛は、ある程度コントロールできます。

でもつらい闘病中、医療(薬)によって心地よいという刺激を得ることはできません。

でもアロマをツールとした看護では、少しはお手伝いができるかもしれません。

 

闘病している時に、ひとときの心地よさ、苦痛からの(少しでも)解放のために、

アロマをお役に立てたいのです。

患者様の想いに少しでも寄り添える看護の一つとして、

アロマをツールとしてお役に立てたいのです。

 

そんな思いで少しずつですが、看護の現場でアロマを取り入れています。

 

 

その想いを、中国新聞の新風びんごに取り上げて頂きました。

http://aromapastel-love.com/newspaper/

こちらがその記事です。↑↑

ぜひ読んでみてください。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません。

コメントを残す

看護師・介護士&介護者のためのメルマガお申し込み【チェックリストプレゼント付き】

看護や介護の現場への導入方法やポイント、アロマの知識や現場の様子などをお届けします。
下記のフォームに必要事項を記入して送信してくださいね♪

中国新聞に掲載されました

ブログをメールで受け取れます

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

よもぎ蒸し・アロマトリートメントはこちらから

過去の記事

スマホでご覧になる方