女性限定&講師は現役ナースのメディカルアロマスクール

子供も安心、アロマで虫よけスプレーの作り方

最近は、体にやさしいアロマを使った虫よけスプレーが人気があります。

商品として販売されてるものもあるけれど、ご家庭でも簡単に作れるんですよ。

 

 

 

さて、なぜアロマのスプレーが人気があるか?

それは、市販の虫よけスプレーに含まれている薬剤
「ディート」の安全性が心配されてるから。

ディートという虫よけ剤は、ディートは一般的には毒性が低いと言われていますが、
皮膚や神経系への影響があるいわれています。

ディートを含有する医薬品及び医薬部外品に関する安全対策について 厚生労働省→http://www.mhlw.go.jp/topics/2005/08/tp0824-1.html

虫よけ剤-子供への使用について-  国民生活センター
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20050603_1.html

 

 

何らかのリスクがあるのなら、安全なものを使いたいですよね。
それで、アロマでつくる虫よけスプレーが人気があるのです。

虫よけをしながら、アロマの香りでリフレッシュやリラックスできるのも
人気の秘訣。

 

お子さんにも優しいってことは、パパやママにも優しいってことですしね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アロマスプレーの作り方

~お肌にやさしいタイプ~
1・アルコール 5ml
2・精製水   45ml       ※2週間で使い切ってください。
3・精油    10~20滴
作り方
① ビーカーやガラス、陶器のカップに、お好みの虫よけ効果のある精油を入れて
よく混ぜる。
② ①にアルコール5mlをいれ良くかき混ぜ、精製水も入れて混ぜる。

 

~保存期間を長持ちさせたいタイプ~
1・消毒用アルコール    50ml
(80%前後の濃度のもの)      ※1か月程度で使い切ってください
2・精油        10~20滴
作り方
① ビーカーやガラス、陶器のカップに、お好みの虫よけ効果のある精油を入れて
よく混ぜる。
②消毒用アルコールを入れて、かき混ぜて出来上がり。

 

♪作る時のポイント♪
・何種類かの精油(アロマ)を混ぜると、香りの幅が広がって楽しめます。
・小さなお子さんが使用される時は、直接お肌にはつけず、衣服などに
スプレーしてください。
・香りが薄れると虫よけ効果が減るので、付け直してください。
・スプレー容器は、耐アルコール、耐油性を使用してください。

♪おススメ精油♪
蚊が嫌う精油:ユーカリレモン シトロネラ レモングラス ゼラニウム
虫が全般的に嫌う精油:ラベンダー ペパーミント ローズマリーシネオール
ティートゥリー クローブ

 

アロマでナチュラル生活、体にやさしい生活、目指してくださいね♡

 

~アロマのおススメな使い方~

火傷の時におススメアロマ
http://aromapastel-love.com/lavenderoil/
風邪、インフルエンザ予防アロマ
http://aromapastel-love.com/influenza-cold-prevention/
食べ過ぎ・飲みすぎの時のアロマ
http://aromapastel-love.com/digestive-apparatus-aroma//
ひんやりデオドラントパウダーの作り方
http://aromapastel-love.com/deodrant-aroma/
花粉症のムズムズにはこれ!
 http://aromapastel-love.com/hay-fever-aroma/
**************************************

アロマを上手に健康管理に使えるようになるアドバイザー講座、
6月から新たにスタートします。
ご一緒しませんか?
只今、ペア割引+早割申込みでお得なキャンペーン中!
詳しくはこちらをご覧ください→http://aromapastel-love.com/coursesenior-3/

コメントはまだありません。

コメントを残す

看護師・介護士&介護者のためのメルマガお申し込み【チェックリストプレゼント付き】

看護や介護の現場への導入方法やポイント、アロマの知識や現場の様子などをお届けします。
下記のフォームに必要事項を記入して送信してくださいね♪

中国新聞に掲載されました

ブログをメールで受け取れます

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

よもぎ蒸し・アロマトリートメントはこちらから

過去の記事

スマホでご覧になる方