女性限定&講師は現役ナースのメディカルアロマスクール

看護・介護にアロマケアを導入するポイント1 アロマの正しい知識

私は長年看護師をしてきて、医療の力だけがすべてではないことを実感。

 

なんとか少しでもいいようにして差し上げれないかな。。。

患者さまの苦痛が少しでも救われるように。。。

患者さまが少しでも心地いい時間が過ごせるように。。。

看護ケアで助けになることはあるはず。

アロマが患者さまにとって役に立ってほしいから、看護ケアの一つとして導入したい!

 

そんな思いがあって、アロマセラピーを看護に用いたいと思いました。

 

 

cfdfd55342ab516684ed6df9a60e2daf_l

 

 

アロマを訪問看護に導入してみて、改めて感じたこと。

それは、

1・患者さまに安全なアロマセラピーを提供するために、アロマの正しい知識。

 

実際に患者様に関わるとき、患者様の状態は千差万別。

終末期の方が多く、状態によって精油の選び方は違ってきます。

お好みの香りも大切ですが、少しでも症状が和らぐものを。

症状が体から来ているものなのか、それともこころの内から

起こっているものなのか?

たくさん使用されているお薬や状態によって、使わないほうがいい精油があるかもしれません。皮膚への刺激も感じやすいかもしれません。

その方に必要な精油を考えるとき、アロマの知識を総動員して、その方に合った精油を選んでいます。健康な方にアロマを使うより、より細やかな知識が必要と実感しています。

しんどい時に、アロマのせいで体調が悪くなったら申し訳ありませんものね。

 

20131201_032849954_iOS

 

だから私は、ご自分が楽しむだけのアロマより、患者様に関わるアロマを行う場合は

アロマの正しい知識が必要だと思うのです。

 

 

そんなアロマの知識、学んでみませんか?

あろま・ぱすてるでは、各種講座をご用意しています。

こちらからご覧ください。↓↓

http://aromapastel-love.com/course/

 

コメントはまだありません。

コメントを残す

看護師・介護士&介護者のためのメルマガお申し込み【チェックリストプレゼント付き】

看護や介護の現場への導入方法やポイント、アロマの知識や現場の様子などをお届けします。
下記のフォームに必要事項を記入して送信してくださいね♪

中国新聞に掲載されました

ブログをメールで受け取れます

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

よもぎ蒸し・アロマトリートメントはこちらから

過去の記事

スマホでご覧になる方