女性限定&講師は現役ナースのメディカルアロマスクール

アトピーには、市販のクリームよりママが作ったほうが効く!

うちのムスメ、ちょっとアトピー性皮膚炎があるんです。
で、バイトに行って皿洗いすると、洗剤に負けてアトピー悪化。。。

そこでアロマの出番です!

忙しくて、市販のベビーローションを使ってた。
100%植物由来のお肌にやさしいものなんだけど。

ムスメが言うには、
「市販のも悪くないんだけどね。普通のお肌はしっとりしていいんよ。
でもね、アトピーの悪いところは、これじゃあ治らん!
ママが作ってくれるクリームの方が治る。作って」

そういわれると、ママはちゃちゃっと張り切ってアロマクリームをつくる!

リクエストは「ちょっと固め」

それを使うとね、やっぱお肌の状態が変わるんよ。
跡形もなく治る、とはいかないけど、傷になって出血したり
表皮がなくなっとるところは、薄皮ができる。

 

写真は左手小指の付け根。
(before Afterで写真の角度が違って分かりづらいですが…)

*ガサガサになって、ぽつぽつと出血。
痒いから掻いて、よけいに傷になる。         before

 

*ガサガサは減って、出血はなくなる。
何回も繰り返すから、瘢痕にはなってるんだよね。    After

 

でも、良くなってるでしょ?

本人も掻きむしらなくてもいいし、傷が気にならないって。

 

私がアロマでクリームを作ると、お肌にいいもの、傷を治しやすくするものを
厳選して入れる。
そして、濃度が市販より高いと思う。

濃度って、結果を左右するなって、使ってて思います。
高けりゃいいもんでもないし、低いと作用も低いことも。

 

今回作ったクリームはコレ!

右:ムスメのトラブル改善用
左:私の日常スキンケア

 

使用した精油
・カモマイルジャーマン
・ラベンダースピカ
・ゼラニウムエジプト
・ローズマリーベルベノン

ホホバオイル 10ml
シアバター  4g
みつろう   5g
精油 8~12滴(2~3%)

材料を混ぜて湯煎にかけて、溶けたら精油を入れます。
簡単です♪

炎症を抑えるもの、傷の回復を早めるもの、かゆみを抑えるもの、
お肌にいいもの

自分で作ると、目的に合わせてチョイスもできるし、
濃度も変えられる。
同じ精油でも、ムスメと私でブレンド(バランス)を変えると
違ったクリームになります。

だから、色がちがうでしょ。
あ、この青色、精油自体の色なんですよ。
医薬品の中にも使われてるものにも、似た成分で青色のものがあるんですよ。

 

ムスメ、アロマが日常にあるから、アロマの効果を実感してるんですね。

メディカルアロマ、こんな風にお役に立つんですよ。

 

始めてみませんか?

 

 

まずは、5月30日(火)19時~
アロマでクラフト講座いかがでしょう。
http://aromapastel-love.com/course/elementarylevel/
お好きなものを実費にてお作り頂けます。

 

 

そしてアドバイザー講座も、6月から新たにスタートします。
ご一緒しませんか?
只今、ペア割引+早割申込みでお得なキャンペーン中!

詳しくはこちらをご覧ください→http://aromapastel-love.com/coursesenior-3/

 

注)この効果は娘の個人的感想です。似たような感想をいただくことは多いですが、効果を保証するものではありません。
またアロマは治療ではありません。

コメントはまだありません。

コメントを残す

中国新聞に掲載されました

ブログをメールで受け取れます

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

よもぎ蒸し・アロマトリートメントはこちらから

過去の記事

スマホでご覧になる方