女性限定&講師は現役ナースのメディカルアロマスクール

香りとご家族

香りと思い出。
触れることと思い出。

クリニックでは、関わったご家族との遺族会というものがあります。

ご家族と思い出を語ったりしながら、ひとときを過ごします。

 

 

皆さまをお迎えする入口で、香りを香らせます。

来場してくれた時に、ホッとしてくれたり、
和んで頂けたらと思って香りでお迎えします。

今年で4回目の作成。

今年は落ち着きある、でも和みのある香りにしたいなと。

サイプレス
ローズマリーシネオール
リトセア

何かが届いたらいいなと思うのです。

 

そして、お亡くなりになった方にアロマトリートメントで関わった方も
いらっしゃいます。

ご家族とお話しした中で
「病気の時って楽しみってないじゃろ。食べるもんも食べれんかったし。
でもねアロママッサージは、楽しみにしとったんよ」

「死」を意識する中では、中々楽しみってないと思うのです。

そんな中、楽しみは医療では届けられないものだと思うのです。

 

そしてね、アロマトリートメントで関わるって、記憶に深く残るんです。
お互いに。
香りがある中で触れること、これって想いがお互いに行ったり来たりしてるんですよね。

これからもアロマを介して、たくさんの方に関わっていきたいと思います。

 

中国新聞に掲載されました

ブログをメールで受け取れます

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

よもぎ蒸し・アロマトリートメントはこちらから

過去の記事

スマホでご覧になる方