女性限定&講師は現役ナースのメディカルアロマスクール

正しいアロマバスの楽しみ方

今日は、正しいアロマバスの楽しみ方をお伝えします。

アロマをお風呂に入れると、ほ~~~っとリラックスできます。

一日の疲れが和らいで、ぐっすり眠れます。

無題4

でも、注意が必要なこともあります。

さっきTVで芸能人が、「湯船に結構多めに、アロマをだ~~~っと入れるんです」

って言ってました。

 

危険!

 

精油原液を直接入れると、お湯とオイルは混ざらないので、

原液が直接お肌について、お肌にトラブルが起こることがあります。

アロマバスを楽しむには、バスオイルで乳化させて入浴することをお勧めします。

お湯と精油がうまく混ざってくれます。

 

このことをお伝えするのは、私が大失敗したからです。

お肌に刺激が強い精油と知っておきながら、

「ちょっとくらい大丈夫~~」と精油原液を入れたら・・・

背中が広範囲にミミズ腫れになって、2週間ほど背中が痛いことになりました・・・

お肌に刺激のある精油は、割と多いのでご注意ください。

 

お塩に混ぜて、バスソルトにすることもよく紹介されますが、

これは、完全に精油は混ざりません。

やっぱりバスオイルが手軽でおススメです。

 

バスオイルをお持ちでない方は、洗面器にお湯を張って

そこにオイルを垂らして、香りを楽しんでくださいね。

あ、お湯のない洗面器にオイルは入れないでください。

精油って、あんまり知られてないけど、プラスチックを溶かすのよ。

 

精油を入れる量ですが、

元気な大人で、一般的なお風呂で5滴程度。

子供さんが一緒なら、減らしてくださいね。

 

アロマバスは、手軽でリラックス度の高い楽しみ方です。

正しい方法で、楽しんでくださいね。

 

 

 

 

コメントはまだありません。

コメントを残す

看護師・介護士&介護者のためのメルマガお申し込み【チェックリストプレゼント付き】

看護や介護の現場への導入方法やポイント、アロマの知識や現場の様子などをお届けします。
下記のフォームに必要事項を記入して送信してくださいね♪

中国新聞に掲載されました

ブログをメールで受け取れます

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

よもぎ蒸し・アロマトリートメントはこちらから

過去の記事

スマホでご覧になる方