女性限定&講師は現役ナースのメディカルアロマスクール

手当てと看護とアロマ

日本アロマセラピー学会に参加して、

アロマをもっと看護に活かしたいと思ったのです。

「手をあてる、手当てする」というのは昔から言われていたことで、

人を癒すことはもちろん、治療するという意味にも使われます。

アロマトリートメントは、まさに手をあてること。

 

看護としてかかわるということは、気持ちよいだけではなく、

症状の緩和やその方の尊厳にかかわることだと思うのです。

特に最近の看護師としての仕事の中、尊厳について考えること、

目の当たりにすることが多いのです。

 

そんな看護にアロマを活かしたいと思うのです。

アロマは、お役に立てると思うのです。

そこが、メディカルアロマなのです。

 

 

 

コメントはまだありません。

コメントを残す

中国新聞に掲載されました

ブログをメールで受け取れます

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

よもぎ蒸し・アロマトリートメントはこちらから

過去の記事

スマホでご覧になる方