女性限定&講師は現役ナースのメディカルアロマスクール

アロマを防災に役立てる!

アロマ救急箱 ~メディカルアロマ活用法~

昨晩は地震があり怖かったですね。
あまり備えをしていなかったので、防災グッズを備えねば!
と思ったのでした。

アロマでの備えは、直接命を守れるものではありませんが、ちょっとした傷や感染症予防、痛みの軽減、ストレス緩和などに活用できるのでご紹介します。

*ラベンダースーパー
なにはともあれ、マルチな精油!
ちょっとした傷の回復、痛みの軽減、抗菌・抗ウイルス作用により感染症予防、不安やストレスの軽減に役立てれます。
ラベンダーにはいろいろな品種があり、赤ちゃん、妊産婦さんは使用しない方がいいものがあります。
精油は目的によって、必要なものを選ぶ必要があります。

*ラヴィンツァラ
ラベンダースーパーに比べ、リラック作用は少ないですが似た作用があり、その他心身の疲労回復、眠りを誘ってくれる効果があります。

*ベルガモット
ラベンダースーパーに比べ、抗菌力は少ないですが、リラックス効果は高いです。柑橘系はお子様も好まれます。
(お肌につけて4~5時間はシミになることがあります)

精油を香る、マスクにつける、場合によっては塗布・内服するなどの活用できます。

注)
*精油の内服は自己判断になります。
*効果には個人差があり、効果を保証するものではありません。*精油は注意のいるものもあります。
*精油は合成されたものではなく、植物100%のものを
 使用してください。
 

あろま・ぱすてるではヨーロッパの病院でも使用されている

メディカルグレードのプラナロム社の精油をお取扱いしています。

詳しくは、お問い合わせください。
 

コメントはまだありません。

コメントを残す

看護師・介護士&介護者のためのメルマガお申し込み【チェックリストプレゼント付き】

看護や介護の現場への導入方法やポイント、アロマの知識や現場の様子などをお届けします。
下記のフォームに必要事項を記入して送信してくださいね♪

中国新聞に掲載されました

ブログをメールで受け取れます

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

よもぎ蒸し・アロマトリートメントはこちらから

過去の記事

スマホでご覧になる方