女性限定&講師は現役ナースのメディカルアロマスクール

ローズ 成分の違いは香り・作用の違い

【ローズ 成分の違いは香り・作用の違い】

精油は、天然の植物から作られているため、産地、時期などによって
香りが違ってきます。
みかんを買った時、おいしいみかん、はずれのみかんがあるように、違いがあるのです。(上品な例えじゃないですね(笑))

今回新しロットのローズ、爽やかな若々しい香りがします。
それは、成分の違いによるものです。

旧ロット】シトロネロール 38.67%
     ゲラニオール  14.09%
新ロット】シトロネロール 29.72%
     ゲラニオール  23.79%

爽やかさを感じるのは、ゲラニオールが多いからでしょうね♪

シトロネロール*鎮静作用、筋肉弛緩作用、血圧降下作用
ゲラニオール *収斂作用、抗不安作用、皮膚弾力回復作用、
        子宮収縮作用    などがあります。

こころの不調、ストレスフルな時によりよいローズは、
シトロネロールの多い旧ロット、

スキンケアによりおススメなローズは、ゲラニオールの多い新ロット。

ナードアロマテラピー協会では、ローズは用法容量を守って使用する場合、禁忌・注意事項には上がってきません。
でも、妊婦には注意が必要としているところもあります。
ゲラニオールの子宮収縮作用によって、流産のリスクを考慮されていると思われます。
ということは、新ロッドの方が注意が必要です。

アロマは、成分を確認、理解して利用するとより目的に合った使い方ができます。また、リスクを少なくすることができます。

かしこいアロマの使い方、マスターしてみませんか?

http://aromapastel-love.com/infoP1000789

コメントはまだありません。

コメントを残す

看護師・介護士&介護者のためのメルマガお申し込み【チェックリストプレゼント付き】

看護や介護の現場への導入方法やポイント、アロマの知識や現場の様子などをお届けします。
下記のフォームに必要事項を記入して送信してくださいね♪

中国新聞に掲載されました

ブログをメールで受け取れます

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

よもぎ蒸し・アロマトリートメントはこちらから

過去の記事

スマホでご覧になる方