女性限定&講師は現役ナースのメディカルアロマスクール

アロマ救急箱 ~メディカルアロマ活用法~ *痛み編

アロマは、筋肉痛、コリによる痛みなどを和らげてくれる作用があります。

整体の先生にアロマを使ってマッサージしたところ、嬉しい感想を頂きました!

昨日のふくらはぎにしてもらったオイルが
めっちゃ効いてるんですけど ∑(゚Д゚)
目からウロコがボロボロおちました。
アロマなめてました。m(._.)m
二ヶ月程続くシビレ感、倦怠感があったんですが、
マジで効きました。

精油の作用には、鎮痛作用、鎮静作用、抗炎症作用、うっ滞除去作用
鎮痙攣作用、筋肉弛緩作用などを持っているものがあります。

痛みのある時は、痛みを軽減する成分があるものを多めに、予防には筋肉を和らげるものを多めに入れ、その他の成分もブレンドすることで相乗効果があります。

おススメの精油は、ユーカリレモン、ウインターグリーン、ローズマリーカンファー(ローズマリーの中でもカンファーがおススメです!)、カタフレイ、ジュニパー、サイプレス、バジル、イランイランなどがあります。

アロマって、私的には痛みや筋肉のアプローチには、効果を一番実感できると思っています。

あろまぱすてるでは、精油や作用のなぜ?どうして?をお伝えしながら随時講座を行っています。

1555462_10202724844634262_731116251_n

コメントはまだありません。

コメントを残す

中国新聞に掲載されました

ブログをメールで受け取れます

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

よもぎ蒸し・アロマトリートメントはこちらから

過去の記事

スマホでご覧になる方