女性限定&講師は現役ナースのメディカルアロマスクール

アロマテラピーの科学

〜アロマテラピーの化学〜

ナードアロマテラピー協会のアドバイザー講座には、アロマテラピーの化学について学ぶ単元ががあります。

習ってみると、ああなるほど!と思うのですが、テキストを見ただけでは難しいと思われる方がおられます。
そういう私も、化学と聞くと拒否反応が出ます。

なので解りやすく、イメージしやすいように、元素生活と言う本を使って説明します。

まぁ、これがゆるい感じで笑えます。

元素一つ一つが、ゆる~~い シュールなおっさんで表現されているのです。

原子とは…それぞれのおっさんのこと。
原子量とは…おっさんの体重。
分子式とは…おっさんの分身が何人いるか?と、おっさんの組み合わせ。
分子量とは…そのおっさんの体重の総合計はいくらか。

なんて説明すると、わかりやすーい!
と、納得して頂きやすい。

…少々品のない説明みたいですが、理解してもらえるのが1番です。

あろま・ぱすてるでは、難しいことも、分かりやすくをモットーにお伝えしています。

コメントはまだありません。

コメントを残す

看護師・介護士&介護者のためのメルマガお申し込み【チェックリストプレゼント付き】

看護や介護の現場への導入方法やポイント、アロマの知識や現場の様子などをお届けします。
下記のフォームに必要事項を記入して送信してくださいね♪

中国新聞に掲載されました

ブログをメールで受け取れます

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

よもぎ蒸し・アロマトリートメントはこちらから

過去の記事

スマホでご覧になる方